財団法人 蛋白質研究奨励会
研究助成一般研究関連研究者養成関連講演会開催研究支援情報サービスデータベース受託研究・開発オンライン情報検索文献検索配列検索化合物検索ペプチド検索蛋白質研究奨励会理事長挨拶沿革・目的役員名簿賛助会員公開情報アクセスお問合せ研究関連リンク集EnglishHOME

News & Topics

日本ペプチド学会発表論文集 (PEPTIDE SCIENCE)

日本ペプチド学会の発表論文集です。最新巻が発行されました。

PEPTIDE SCIENCE 2018

55th Japanese Peptide Symposium

Edited by Shiro Futaki and Katsumi Matsuzaki
Publication: March, 2019; 132 Pages (Hard Cover)
Published by the Japanese Peptide Society
ISBN 978-4-931541-191 ISSN 1344-7661

The 10th International Peptide Symposium, in conjunction with the 55th Japanese Peptide Symposium was held at ROHM Theatre Kyoto and Miyako Messe in Kyoto on December 3 to 7, 2018 under the auspices of the Liaison Committee of International Peptide Societies and hosted by the Japanese Peptide Society. The symposium had a total of 517 presentations covering a wide spectrum of topics in peptide science. The proceedings, Peptide Science 2018, are the collection of contributions from internationally distinguished speakers as well as oral and poster presentations.

価格: 9,500 円
US$120.00 (Overseas, including SAL mailing charge)

■データゲートウェイシステム

 近年、インターネット環境は格段に進歩し、大変便利なものとなりましたが、その一方で、マルウェアやハッキングなどの危険性も増してきました。 そのため、バージョンアップできないソフトウェアやOSはどんどん危険なものになります。 「安全なOS」など存在しません。インターネット接続ができるネットワークにおくコンピュータは、たとえ、そのコンピュータ自体ではインターネットに接続しない場合でも、バージョンアップ、アップデート、ウィルスチェックは必須です。 これらの対策は基本として行ったうえで「注意しながら」PCをつかわないと被害をうけたり、知らないうちに加害者になってしまったりする危険性があります。

 一方で、測定器の制御コンピュータや特殊なソフトウェアを利用するシステムなどでは、OSやソフトウェアのバージョンアップやウィルスチェックソフトをインストールする事ができない場合もあります。さらに、セキュリティ対策をすることはできないがネットワークをつかって他のPCとデータの共有するなどの機能が必要になることがあります。 これらの互いに矛盾する要件をみたし、安全性と利便性のバランスをとる必要があります。

  • セキュリティ対策がとれないPCを「通常ネットワーク」から切り離すことによりネットワーク経由でのマルウェア感染を防ぐ。
  • レガシーシステムと通常ネットワーク間でのデータの受渡しを容易にする。

 当財団で開発したデータゲートウェイシステムを採用する事で、古いOS(Windows 2000, XP, 8 など)を搭載した従来からのコンピュータ資源を安全・便利に利用し続ける事ができます。 また、アップル・マッキントッシュのクラシックOS(MacOS 9 以前)も、利用する事ができます。

データゲートウェイ

価格: 125,000 円

資料ダウンロード

詳細についてはお問合わせください

資料 「安全なコンピュータ利用のために

PRF/LitCloud サービス

 文献データベース管理・利用サービス(PRF/LitCloud)の提供を開始しました。

 PRF/LitCloudサービスを使うことで、ユーザーが独自の文献データベースを構築し、インターネットを通じてどこからでも必要な文献情報にアクセスして有効利用することができます。また、学術文献だけでなく、各種マニュアル等文書類を研究室や部署で共有し、利用することができるので、文書管理・共同利用システムとしてお使いいただくこともできます。

 PRF/LitCloudサービスを3ヶ月間無料でお試しいただけます。

 サービスの詳細についてはユーザーマニュアル(PDF)をご覧iいただくか、お問い合わせください。

データクリップサービス (Literature Data Clip)

 PubMED文献データベースの検索を代行し、検索結果をお知らせするサービスです。
 ユーザーが設定した検索条件で、定期的にPubMED文献データベースを検索し、結果を電子書籍化して登録されたメールアドレス宛に送信します。

 PRF/LitCloudユーザーに対しては、検索結果の文献情報をユーザー固有の文献データベースへの格納も行います。
 また、PRF/LitCloudユーザーは無料で本サービスを利用できます。

 サービスの詳細については、お問い合わせください。

 

Copyright Ⓒ Protein Research Foundation All Right Reserved.