財団法人 蛋白質研究奨励会
研究助成一般研究関連研究者養成関連講演会開催研究支援情報サービスデータベース受託研究・開発オンライン情報検索文献検索配列検索化合物検索ペプチド検索蛋白質研究奨励会理事長挨拶沿革・目的役員名簿賛助会員公開情報アクセスお問合せ研究関連リンク集EnglishHOME

研究助成

  • 大阪大学蛋白質研究所における一般研究費の援助を行っています。
  • 蛋白質に関する研究者養成のための助成として赤堀・鈴木奨学金を交付しています。
  • アミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究に金子・成田研究奨励金を交付しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所における講演会並びに討論会の援助を行っています。
  • 大阪大学蛋白質研究所が行う国際的な研究交流の経費を援助しています。
  • 海外からアミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究者を招聘しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所で刊行する研究紀要の出版費の助成を行っています。
  • 日本蛋白質科学会、日本ペプチド学会、その他ペプチド関連学会等に援助を行っています。

一般研究に対する助成 (平成27年度)

大阪大学蛋白質研究所における各部門及び研究施設に対し、一般研究費として3,889,967円の助成を行いました。

蛋白質化学研究部門 蛋白質構造生物学研究部門
蛋白質高次機能学研究部門 蛋白質国際統合研究部門
蛋白質解析先端研究センター  

蛋白質に関する研究者養成に対する助成 (平成28年度)

蛋白質に関する研究者養成のための助成として大阪大学蛋白質研究所若手研究者1名に対し、赤堀・鈴木奨学金を支給します。
支出金額 1,920,000円

氏 名 研 究 課 題 支給額( 円) 期 間
汪 洋 マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析における準安定イオンの観測による新規蛋白質同定法
960,000
28.4.1~27.3.31
東出 望花 染色体間・染色体内における減数分裂期交叉型組換え制御
960,000
28.4.1~27.3.31

蛋白質に関する優れた研究に対する支援 (平成28年度)

アミノ酸、ペプチド、蛋白質等に関する優れた研究に対する金子・成田研究奨励金の本年度該当者は、選考委員会において選考の結果次の5名に決定しました。それぞれ80 万円を交付しました。
支出金額 4,000,000 円

氏 名 所 属 研 究 題 目
大黒 亜美 関西学院大学 理工学部
生命医化学科
助教
異物代謝酵素による細胞内不飽和脂肪酸の代謝における役割と、それらの脳機能における機能解明
八木 寿梓 鳥取大学工学部 附属
グリーンサスティナブル
ケミストリー研究センター
助教
タンパク質異常凝集形成の分子機構の解明とその制御・阻害にかかわる天然有機物の探索および機能解析
山崎 聖司 大阪大学
産業科学研究所
助教
細菌薬剤排出蛋白質の阻害剤評価とその阻害機構の解析
朝比奈 雄也 大阪大学
蛋白質研究所
助教
Ugi 反応を利用した簡便なペプチドチオエステル調整法の開発
下山 敦史 大阪大学 大学院理学研究科
化学専攻
助教
自然免疫活性化物質ペプチドグリカンの生体内動態解析を目指したMRIプローブの合成

蛋白質に関する学会への助成 (平成27年度)

当財団では、蛋白質に関する学会および関連セミナー・講演会等を開催の助成をしています。

蛋白質、ペプチドに関する学会等に対して助成を行いました。
学会名 費目 金額(円)
日本ペプチド学会 学会運営助成金
500,000
日本ペプチド学会 学術会議開催助成金
500,000
The 5th Modern Solid Phase Peptide Synthesis Symposium 学術会議開催助成金
494,725
(5,500 AU$)
日本蛋白質科学会 学会運営助成金
500,000

蛋白質に関するセミナー・講演会等開催への助成 (平成28年度)

大阪大学蛋白質研究所が主催するセミナー・後援会の開催を支援しました。
セミナー・講演会
開催年月日 課 題 世 話 人
平成28年5月12日~13日 膜タンパク質の構造ダイナミクス 神取秀樹(名工大)
岡村康司(阪大)
鷹野優(広島市大)
中川敦史(阪大)
平成28年6月2日 iPS細胞とマトリクソーム研究が拓く再生医療の最前線 藤田和将(阪大)
平成28年6月17日 「マルチスケール構造生物学(日本電子)」-生物の形と機能を原子の目で俯瞰し、新薬開発に繋げる- セミナー事務局
平成28年7月24日 第6回分子モーター討論会「分子モーター研究の最前線」 昆隆英(阪大)
栗栖源嗣(阪大)
平成28年8月3日 第9回 高校生のための特別公開講座 『蛋白質-生命を担うこの身近で不思議な物質』 後藤佑児(阪大)
加納純子(阪大)
平成28年11月1日 ~抗体創薬の最前線~ 「バイオ医薬品開発の鍵となる分子設計技術」 津本浩平(東大)
植田正(九大)
高木淳一(阪大)
平成28年12月2日~3日 質量分析の最新動向と未来 高尾敏文(阪大)
平成28年12月12日・15日 CSDケンブリッジ結晶構造データベース利用講習会 桜井尋海(化学情報協会)
土屋裕子(阪大)
平成28年12月21日 生命システムを支配するエピジェネティクス 岩波礼将(Max Planck Institute)
末武 勲(阪大)
平成29年3月21日~22日 真核細胞のオルガネラ研究最前線 稲垣祐司(筑波大)
野崎智義(感染研)
中井正人(阪大)
平成29年5月27日 日本生化学会 近畿支部例会
共催:大阪大学蛋白質研究所
古川 貴久(阪大)

国際シンポジウム
開催年月日 演 題 ・ 講 演 者 世 話 人

H28年5月27日

Frontiers of Peptide and Glycoscience Hironobu Hojo
Yasuhiro Kajihara
Hideki Nishio
H28年6月6日 International Cooperation toward New Horizen of Protein Science Hiroki Shirai
Fumio Arisaka
H28年6月3日 Protein NMR Beyond Chojiro Kojima
Hidehito Tochio
Toshimichi Fujiwara

H28年6月23日~24日

2016年台日結晶学合同シンポジウム "Frontier of Protein Crystallography" Kunio Miki
Isal Tanaka
Atsushi Nakagawa
H28年6月24日~26日 The Second Trilateral Workshop for Frontier Protein Studies 2016 中村春木(阪大)
H28年10月5日~6日 Fine tuning of Notch signaling activity: its inportance and mechanisms 相賀裕美子(遺伝研)
松野健治(阪大)
高木淳一(阪大)
H28年12月22日 Japan-Korea Bilateal Sympsium on Multi-Scale Structural Biology Toshimichi Fujiwara
Haruki Nakamura
Bong-Jin Lee
H29年1月26日~27日 New Frontiers in Protein Misfolding and Aggregation Motomasa Tanaka
Yuji Goto
H29年3月23日 Chromosome dynamics and genome stability in meiosis and mitosis Perer Carton
Akira Shinohara
Copyright Ⓒ Protein Research Foundation All Right Reserved.