財団法人 蛋白質研究奨励会
研究助成一般研究関連研究者養成関連講演会開催研究支援情報サービスデータベース受託研究・開発オンライン情報検索文献検索配列検索化合物検索ペプチド検索蛋白質研究奨励会理事長挨拶沿革・目的役員名簿賛助会員公開情報アクセスお問合せ研究関連リンク集EnglishHOME

研究助成

  • 大阪大学蛋白質研究所における一般研究費の援助を行っています。
  • 蛋白質に関する研究者養成のための助成として赤堀・鈴木奨学金を交付しています。
  • アミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究に金子・成田研究奨励金を交付しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所における講演会並びに討論会の援助を行っています。
  • 大阪大学蛋白質研究所が行う国際的な研究交流の経費を援助しています。
  • 海外からアミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究者を招聘しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所で刊行する研究紀要の出版費の助成を行っています。
  • 日本蛋白質科学会、日本ペプチド学会、その他ペプチド関連学会等に援助を行っています。

一般研究に対する助成 (平成30年度)

大阪大学蛋白質研究所における各部門及び研究施設に対し、一般研究費として5,870,783円の助成を行いました。

蛋白質化学研究部門 蛋白質構造生物学研究部門
蛋白質高次機能学研究部門 多階層蛋白質統合研究部門
蛋白質解析先端研究センター  

蛋白質に関する研究者養成に対する助成 (令和元年度)

蛋白質に関する研究者養成のための助成として大阪大学蛋白質研究所若手研究者3名に対し、赤堀・鈴木奨学金を支給します。
支出金額 1,800,000円

氏 名 研 究 課 題 支給額( 円) 期 間
上野 明希子 マウス網膜のミュラーグリア細胞における転写印紙Raxの機能解析
600,000
R1.6.1~R2.3.31
大西 裕介 フェレドキシンはどのようにしてフェレドキシン依存酵素との解離会合を制御するか
600,000
R1.6.1~R2.3.31
速水 智教 多次元仮想座標とカップルした分子動力学法を用いたmSin3複合体の立体構造探索
600,000
R1.6.1~R2.3.31

蛋白質に関する優れた研究に対する支援 (令和元年度)

アミノ酸、ペプチド、蛋白質等に関する優れた研究に対する金子・成田研究奨励金の平成29年度該当者は、選考委員会において選考の結果次の5名に決定しました。それぞれ80 万円を交付しました。
支出金額 4,000,000 円

氏 名 所 属 研 究 題 目
山下 和成 東北大学 大学院
生命科学研究科
助教
力学刺激に対する細胞応答を担うRho-GEFタンパク質の活性調節機構
茶屋 太郎 大阪大学蛋白質研究所
分子発生学研究室
助教
網膜視細胞-双極細胞間シナプス伝達における TRPM1 チャネル制御機構の解明
武居 俊樹 大阪大学 蛋白質研究所
蛋白質有機化学研究室
日本学術振興会特別研究員
セレノタンパク質の効率的合成法の探索
木下 祥尚 九州大学 理学研究院
化学部門 生体分析化学研究室
助教
膜貫通タンパク質の脂質ラフトへの取り込みと機能発現の相関
鳴海 哲夫 静岡大学 大学院
総合科学技術研究科
准教授
アミロイド線維に構造的脆弱性をもたらすねじれ型アミロイド結合性分子の創出と凝集阻害剤への展開

蛋白質に関する学会への助成 (平成30年度)

当財団では、蛋白質に関する学会および関連セミナー・講演会等を開催の助成をしました。

蛋白質、ペプチドに関する学会等に対して助成を行いました。
学会名 費目 金額(円)
日本ペプチド学会 学会運営助成金
500,000
日本ペプチド学会 学術会議開催助成金
500,000
日本蛋白質科学会 学会運営助成金
500,000

蛋白質に関するセミナー・講演会等開催への助成 (令和元年度)

大阪大学蛋白質研究所が主催するセミナー・後援会の開催を支援しています。


セミナー・講演会
開催年月日 課 題 世 話 人
平成31年4月6日 第3回感覚器研究イニシアチブ・シンポジウム「感覚と脳 -基礎から臨床へ-」 東原和成(東京大学)
古川貴久(大阪大学)
栗原俊英(慶応大学)
令和元年7月4日~5日 「がん研究の新機軸」 梶原健太郎(大阪大学)
令和元年8月7日 第12回「高校生のための特別公開講座:蛋白質-生命を担うこの身近で不思議な物質」 栗栖源嗣(大阪大学)
間木重行(大阪大学)
大西伸幸(島津製作所)
令和元年8月9日 翻訳のパラメトリック調節の理解に向けた新たな研究 土居雅夫(京都大学)
原田慶恵(大阪大学)
令和元年8月22日~23日 化学によるタンパク質修飾の機能解明を目指して 末武勲(甲子園大学)
川上徹(大阪大学)
北條裕信(大阪大学)
令和元年8月30日 細胞運命を決定する核空間制御 加納純子(大阪大学)
大杉美穂(東京大学)
安原徳子(日本大学)
令和元年9月9日~10日 SPring-8における蛋白質構造生物学研究の現状と将来 栗栖源嗣(大阪大学)
熊坂崇(JASRI)
山本雅貴(理研RSC)
令和元年9月12日~13日 液-液相分離の新たな展開へ向けて 後藤祐児(大阪大学)
宗正智(大阪大学)
白木賢太郎(筑波大学)
亀田倫史(産総研)

国際シンポジウム
開催年月日 演 題 ・ 講 演 者 世 話 人
平成31年3月15日 Japan-Korea Bilateral Symposium on Multi-Scale Structural Life Science and the Advanced Technologies Toshimichi Fujiwara
Bong-Jing Lee

 

Copyright Ⓒ Protein Research Foundation All Right Reserved.