財団法人 蛋白質研究奨励会
研究助成一般研究関連研究者養成関連講演会開催研究支援情報サービスデータベース受託研究・開発オンライン情報検索文献検索配列検索化合物検索ペプチド検索蛋白質研究奨励会理事長挨拶沿革・目的役員名簿賛助会員公開情報アクセスお問合せ研究関連リンク集EnglishHOME

研究助成

  • 大阪大学蛋白質研究所における一般研究費の援助を行っています。
  • 蛋白質に関する研究者養成のための助成として赤堀・鈴木奨学金を交付しています。
  • アミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究に金子・成田研究奨励金を交付しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所における講演会並びに討論会の援助を行っています。
  • 大阪大学蛋白質研究所が行う国際的な研究交流の経費を援助しています。
  • 海外からアミノ酸、ペプチド、蛋白質に関する研究者を招聘しています。
  • 大阪大学蛋白質研究所で刊行する研究紀要の出版費の助成を行っています。
  • 日本蛋白質科学会、日本ペプチド学会、その他ペプチド関連学会等に援助を行っています。

一般研究に対する助成 (平成28年度)

大阪大学蛋白質研究所における各部門及び研究施設に対し、一般研究費として4,133,144円の助成を行いました。

蛋白質化学研究部門 蛋白質構造生物学研究部門
蛋白質高次機能学研究部門 多階層蛋白質統合研究部門
蛋白質解析先端研究センター  

蛋白質に関する研究者養成に対する助成 (平成29年度)

蛋白質に関する研究者養成のための助成として大阪大学蛋白質研究所若手研究者2名に対し、赤堀・鈴木奨学金を支給します。
支出金額 816,000円

氏 名 研 究 課 題 支給額( 円) 期 間
木下 岬 Fd:FNR相互作用とFNR活性制御に関する研究
816,000
H29.4.1~H30.3.31
安東 友繁 質量分析法による蛋白質複合体の分析
680,000
H29.6.1~H30.3.31

蛋白質に関する優れた研究に対する支援 (平成29年度)

アミノ酸、ペプチド、蛋白質等に関する優れた研究に対する金子・成田研究奨励金の本年度該当者は、選考委員会において選考の結果次の4名に決定しました。それぞれ80 万円を交付しました。
支出金額 3,200,000 円

氏 名 所 属 研 究 題 目
玉垣 裕子 大阪大学 ナノサイエンス
デザイン教育研究センター
特任助教
新たな膜タンパク質ナノポアの構築
真木 勇太 大阪大学 理学研究科
化学専攻
助教
フロー合成法を用いた新規糖ペプチド迅速合成法の開発と糖鎖を付加したインスリン誘導体合成への応用
東浦彰史 大阪大学 蛋白質研究所
先端計測研究室
助教
薬剤スクリーニングのハイスループット化を目指した蛋白質結晶の高圧凍結とハイドロゲル中結晶化とのハイブリッド法の開発
西川 幸志 兵庫県立大学
大学院生命理学研究科
助教
[NiFe]ヒドロゲナーゼの触媒機能解明を目指した中性子結晶構造解析

蛋白質に関する学会への助成 (平成28年度)

当財団では、蛋白質に関する学会および関連セミナー・講演会等を開催の助成をしました。

蛋白質、ペプチドに関する学会等に対して助成を行いました。
学会名 費目 金額(円)
日本ペプチド学会 学会運営助成金
500,000
日本ペプチド学会 学術会議開催助成金
500,000
赤堀コンファレンス 第16回開催助成金
1,000,000
日本蛋白質科学会 学会運営助成金
500,000

蛋白質に関するセミナー・講演会等開催への助成 (平成29年度)

大阪大学蛋白質研究所が主催するセミナー・後援会の開催を支援しています。

セミナー・講演会
開催年月日 課 題 世 話 人
平成29年5月27日 日本生化学会 近畿支部例会
共催:大阪大学蛋白質研究所
古川 貴久(阪大)

平成29年7月27日~28日

膜イオン輸送の学際研究 -計算科学から医学まで - 岡村 康司(阪大)
鷹野 優(広島市大)
中川 敦史(阪大)
平成29年8月2日 第10回 高校生のための特別公開講座:蛋白質-生命を担うこの身近で不思議な物質  
平成29年8月3日~4日 SPring-8における蛋白質構造生物学研究の現状と将来 中川 敦史(阪大)
山下 栄樹(阪大)
東浦 彰史(阪大)
熊坂 崇(JASRI)
山下 雅貴(理研RSC)
平成29年8月4日 我が国のタンパク質構造解析の歩みと将来”勝部幸輝先生を偲んで” 山本 雅貴(理研RSC)
森本 幸生(京大)
山口 宏(関学大)
今田 勝巳(阪大)
栗栖 源嗣(阪大)
中川 敦史(阪大)
平成29年8月24日~25日 高分極核スピンが拓く未来-動的核分極(DNP)法の最前線- 松本 陽(阪大)
高橋 大樹(JEOL)
藤原 敏道(阪大)

平成29年9月5日~6日

サーモフィッシャーサイエンティフィック FEI 共催 Recent advances in the Frontiers of the Cryo-EM Sciences 岩崎 憲治(阪大)
平成29年9月11日 産業応用を志向するタンパク質溶液研究 白木 賢太郎(筑波大)
黒田 裕(東農工大)
後藤 祐児(阪大)
平成29年11月1日 カルコゲン、ヘテロ元素を含む生体分子の化学 岩岡 道夫(東海大)
北條 裕信(阪大)
平成30年1月19日~20日 網膜感覚研究のフロンティア 栗原 俊英(慶応大)
古川 貴久(阪大)
平成30年2月20日 PDBj&BINDS合同講習会「生命科学のための立体構造データの使い方入門」  
平成30年2月22日 次世代抗体の現状と今後~基礎研究から医薬品開発まで~ 梅津光央(東北大院)
津本浩平(東大院)
高木淳一(阪大)
平成30年3月1日 生体膜上の生物化学 2018 平林 義雄(理化研)
北條 裕信(阪大)
平成30年3月9日~10日 質量分析の未来 豊田岐聡(阪大)
高尾敏文(阪大)
平成30年3月27日 再構成アプローチが開拓する生体膜・膜タンパク質研究の最前線 三間穣治(阪大)
平成30年4月15日 感覚器研究 イニシアチブ・シンポジウム 西田幸二(阪大)
古川貴久(阪大)

国際シンポジウム
開催年月日 演 題 ・ 講 演 者 世 話 人

平成29年6月21日

Toward International Cooperation in Protein Science Hiroyuki Noji
Hiroki Shirai
Yuji Goto

平成29年7月17日~18日

The 2nd Molecular and Cellular Life Sciences (MCLS 2017): Structural biology, modeling and molecular dynamics with application in biotechnology and medicine Atsushi Nakagawa
Genji Kurisu
Ni Nyoman Tri Puspaningsih
Toshiharu Hase
平成29年12月3日~5日 Australian National University (ANU) & IPR 2nd Joint Symposium 2017 "PROTEIN STRUCTURE AND FUNCTION" John Carver
Yuji Goto
Masatomo So
Damien Hall
Haruki Nakamura
平成29年12月6日~7日 Establishment of Structural Biology Network in Asia and Oceania Chung-Jung CHEN
Atsushi NAKAGAWA
平成30年1月5日 Japan-Korea Bilateral Symposium between SNU and IPR on Structure and Folding of Disease Related Proteins Bong-Jin Lee
Jeong-Yong Suh
Toshimichi Fujiwara
Haruki Nakamura
平成30年2月19日 Dynamics and energetics of cyanobacterial photosystem I: ferredoxin complexes are redox-state dependent. -Implications for photosystem I turnover and electron transfer within the complex Genji Kurisu
平成30年4月10日 IPR international seminar on "Genome stability and instability in mitotic and meiotic cells" Akira Shinohara
平成30年4月18日 BioNetworks in Health and Diseases Mariko Okada
平成30年5月9日 Frontiers of Multiscale Structural Biology: Order-disorder transitions and dynamic membrane interactions Genji Kurisu
Copyright Ⓒ Protein Research Foundation All Right Reserved.